浜松市中区の歯医者さん

〒430-0811 静岡県浜松市中区名塚町301-1

診療時間
9:00~12:00 × ×
14:00~18:00 × ×

△:13:45~17:00 ※祝日がある週の木曜は診療

休診日
木曜、日曜、祝日

ご予約・お問合せはこちら

053-401-8182

当院の虫歯治療

「痛みの少ない治療」への工夫

「歯科治療の痛みが苦手」という理由で歯医者への受診をためらっている患者さまを、一人でも多く救いたい。その想いから、なるべく痛みを感じさせない、痛みの少ない治療に取り組んでいます。

歯科治療では、治療時の痛みを軽減するために麻酔を施しますが、そもそもその麻酔注射が痛い、という声もあるのが事実です。そこで当院では麻酔注射の痛みを軽減できるよう、さまざまな工夫をしています。

表面麻酔

注射をする部分の歯ぐきに塗るタイプの「表面麻酔」を施し、歯ぐきに痛みを感じない状態になってから麻酔注射を打ちます。針が刺さる痛みをほとんど感じずにすみます。

麻酔液の温度管理

麻酔液の温度と体温に差があると、体内に入るときに刺激や痛みが生じます。そこで麻酔液をあらかじめ体温と同程度に温めておき、痛みを軽減します。

電動式注射器

麻酔液が体内に入るときのスピードや圧力にムラがあると、痛みが生じます。そこで注入速度を一定に保てる電動の麻酔注射器を使用し、痛みを軽減します。

注射のテクニック

麻酔注射を打つ場所は、なるべく痛みを感じにくい場所を選んでゆっくり注射します。また打った後には十分に時間をおき、麻酔がしっかり効くのを待ってから治療を開始しています。

このような工夫によって、実際に治療を受けた患者さまからは、「痛くなかった」というお声をいただくことも少なくありません。少しでも痛みの少ない治療のご提供に努めていますので、「痛みが苦手」という方もお気軽にご相談ください。

「歯を長持ちさせる治療」への取り組み

歯は削れば削るほどもろくなり、虫歯が再発しやすくなります。生まれ持った歯を長持ちさせるためには、なるべく削らないほうがいいのです。

そこで当院では「歯の健康寿命」を延ばすため、虫歯菌に冒された部分だけを削り、健康な歯質をなるべく残す「MI(ミニマルインターベンション)治療」に取り組み、さまざまな工夫をしています。

MI治療用の極細のバー

歯を削る際にはMI治療用の極細のバー(歯を削る器具)を使用し、少しずつ丁寧に処置を進めます。そのため、誤って歯を削り過ぎることがありません。

拡大鏡

歯を大きく拡大して見ることができる歯科用ルーペ「拡大鏡」を使用して、歯を削ります。しっかり目で確認しながら処置できるため、削り過ぎを防ぐことができます。

う蝕検知液

虫歯(う蝕)に冒された部分だけを識別できる「う蝕検知液」を使用し、どこが虫歯になっているのかを明確化した上で歯を削ります。しっかり識別できるため、健康な歯質を削らずにすみます。

ダイアグノデント

レーザーを歯に当てることで、虫歯の進行度を数値化できる装置「ダイアグノデント」を使用し、肉眼では見えにくい部分にある虫歯まで確認しています。レーザーを当てるだけなので、歯を傷めることもありません。

コンポジットレジン

白い詰め物「コンポジットレジン」

虫歯を削った部分が少ない場合には、歯を削る量が少なくてすむコンポジットレジン(歯科用プラスチック)を詰めて修復します。レジンは白い素材のため目立つことがない上に、金属アレルギーの心配もありません。

患者さまの歯を少しでも長持ちさせるために、このような工夫によって「なるべく削らない治療」に取り組んでいます。

繰り返しの治療を防ぐ緻密な根管治療

虫歯が重症化して神経(歯髄)まで達すると、歯の根の治療が必要になります。この治療は少しでも雑に行うと、歯の痛みが再発したり歯の根が折れたりして、最終的に抜歯となることも少なくありません。

つまり痛みの再発を防ぐには、歯の根の中にある根管という大変細い管に入り込んだ病巣を、どれだけきれいに取り除けるかが重要になります。この管は縫い針程度の細さしかなく、処置を適切に行うには、歯科医師が神経を集中し手間を惜しまず治療に取り組むことが求められます。

当院では患者さまの大切な歯を少しでも長持ちさせられるよう、さまざまな配慮をもってより丁寧に歯の根の治療を行うことで成功率を高めています。

根管長測定器の使用

根管の長さを測定する「根管長測定器」を使用し、複雑な形状の根管の長さをきちんと計測。より精密な処置が行えるよう努めています。

拡大鏡で患部を確認

縫い針程度の細さしかない根管を、拡大鏡と呼ばれる歯科用ルーペで拡大し、内部をしっかり目で確認しながら治療を行います。

ニッケルチタンファイルの使用

ニッケルチタンファイル

歯の根の治療に使用する「ファイル」は、多くの場合ステンレス製のものが使用されていますが、当院ではニッケルチタン製のものを採用しています。ニッケルチタン製のファイルはステンレス製のものに比べて高価ですが、柔軟性があり、人によって異なる複雑な形状の根管にもフィットするため、より精密な治療を行えます。

CTによる精密な検査

歯の根の治療では病巣を除去した後、細い根管のすみずみまで薬剤を詰めますが、それを適切に行うには管の形状をしっかり把握することが必要です。根管の形状は人それぞれ異なり、かなり複雑なケースもあるため、当院では必要に応じてCT撮影を行っています。CTを用いることで、2次元のレントゲン写真で判断しづらい複雑な形状も、3次元的画像でしっかり確認することができます。

ラバーダム防湿下での治療

ラバーダム防湿

歯の根の治療では根管の内部に細菌を残さないよう、いかに無菌状態で処置ができるかが重要です。細菌が残っていると、虫歯の再発や痛みなど、後のトラブルにつながってしまうからです。そこで当院では、唾液が侵入しやすい奥歯の治療については、対象の歯のまわりをゴムのシートでダムのように覆う「ラバーダム防湿」を行っています。治療箇所に唾液などの体液が付着して細菌感染を引き起こすリスクを防ぐほか、歯や歯科金属の削りカスなどを飲み込んでしまうことも防止します。

このように、治療器具にもこだわり、手間を惜しまず丁寧に治療することで、「再発しにくい歯の根の治療」を心がけています。

虫歯治療の流れ

虫歯の検査

検査器具やレントゲンで、虫歯の進行度合いを調べます。

被ばく量が少ない「レントゲン」

虫歯の深さを調べる「ダイアグノデント」

治療計画の説明

虫歯がどんな状態なのかをご説明し、治療計画をご案内します。

虫歯の部分を取り除く

虫歯の病巣を取り除きます。歯の神経まで虫歯が達している場合は、神経の治療も行います。

詰め物や被せ物を装着

虫歯の進行度合いや大きさに応じて、詰め物や被せ物を装着します。

再発予防

虫歯を再発させないために、定期検診や歯のクリーニングを受けることをおすすめします。

検診・歯石取り・歯のクリーニング・フッ素塗布などもご予約いただけます。3ヶ月先のご予約もお気軽にどうぞ。

053-401-8182

診療時間

 
午前 × ×
午後 × ×

午前:9:00~12:00
午後:14:00~18:00
△:13:45~17:00

※祝日がある週の木曜は診療しております
休診日:木曜、日曜、祝日

わたなべ歯科醫院では一緒に働いてくださる仲間を募集中。
本サイトからの応募で
【就職祝い金】プレゼント!

053-401-8182

〒430-0811
静岡県浜松市中区名塚町301‐1

静岡銀行名塚支店北側
「杏林堂」斜め向かい
駐車場12台完備